ホーム > 健康なら21おすすめ健康ウォーキングコースガイド > 吉野町 後醍醐天皇ゆかりの南朝史跡をめぐるコース

ここから本文です。

更新日:2011年12月21日

吉野町 後醍醐天皇ゆかりの南朝史跡をめぐるコース

吉野といえば言わずと知れた日本一の桜の名所。
春になればおよそ3万本もの桜の花が咲き乱れます。
そんな吉野山を歴史ロマンに思いを馳せながら四季折々の自然の美しさとともにのんびりと散策を楽しむコースです。

通年利用可能コース コース総距離4.4km 平均歩数6,281歩 平均所要時間1時間40分

コースの詳細情報

ロープウェイ吉野山駅 ウォーキングコースの出発地点です。 吉野朝宮跡までの区間情報 0.5km 約10分 およそ712歩 仁王門の前を右に折れて少し登る。 1.吉野朝宮跡 後醍醐天皇が悲運の生涯を閉じました。 金峯山寺蔵王堂までの区間情報 0.1km 約2分 およそ142歩 折り返して階段を登ればすぐ蔵王堂。 2.金峯山寺蔵王堂 桃山建築の美しさを伝えています。 吉水神社までの区間情報 0.4km 約8分 およそ571歩 東南院の向かいを左折します。 3.吉水神社 初期書院造りの傑作。多数の宝物が残っています。 如意輪寺までの区間情報 1.2km 約35分 およそ1,714歩 勝手神社を過ぎて三叉路を左へ進みます。道幅狭い歩行注意。 4.如意輪寺 宝物殿には蔵王権現像が安置されています。 ロープウェイ吉野山駅までの区間情報 2.2km 約45分 およそ3,142歩 折り返して下山する。途中、五郎兵衛茶屋で一服はいかが? ロープウェイ駅まで下りなので土産物店で目もお口も楽しむことができます。 ロープウェイ吉野山駅 お疲れさまでした。ウォーキングコースの到着地点です。

吉野朝宮跡(よしのちょうぐうあと)

1.吉野朝宮跡の写真金峯山寺蔵王堂の西にあり、南北朝時代、後醍醐天皇から4代にわたって南朝の拠点となった皇居跡です。
今は妙法殿が建っています。

金峯山寺蔵王堂(きんぶせんじざおうどう)(本堂・国宝)世界遺産

2.金峯山寺蔵王堂の写真修験道の総本山です。
本堂である蔵王寺は高さ34mで、役行者が開き、蔵王権現を祀ったのが始まり。
木造建築では東大寺大仏殿に次ぐスケールです。

吉水神社(よしみずじんじゃ)(書院・国宝)世界遺産

3.吉水神社の写真秋は紅葉が見事なこの神社は、もとは役行者が大峯山で修業をした折に庵室跡に建立したと伝わる吉水院というお寺。
数々の宝物が保存されています。

如意輪寺(にょいりんじ)

4.如意輪寺の写真中千本の桜に囲まれた古刹です。
後醍醐天皇の信仰が厚く、裏手には天皇陵があります。
宝物殿には蔵王権現像や楠木正行が歌を刻んだ堂の扉が納められています。

コースまでの交通アクセス:電車/近鉄吉野線吉野駅下車→ロープウェイ吉野山駅(約5分) 自動車/駐車場あり(吉野山観光駐車場)※春の観桜期には観光駐車場の利用制限を行うことがあります。

コースのお問合せ先:吉野町役場観光商工課 TEL:0746-32-3081

PDFファイルのダウンロード

吉野町 後醍醐天皇ゆかりの南朝史跡をめぐるコース(PDF:2,537KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。