ホーム > 健康なら21おすすめ健康ウォーキングコースガイド > 天理市 卑弥呼の里 探訪コース(一部修正あり)

ここから本文です。

更新日:2011年12月21日

天理市 卑弥呼の里 探訪コース(一部修正あり)

天理市と桜井市にまたがる三輪山麓一帯は、初期大和政権の中枢部であり、畿内説の中でも最も有力な邪馬台国候補地の一つになっています。
卑弥呼の鏡といわれる三角縁神獣鏡が発見された黒塚古墳をはじめ、文化財や史跡が散在し、歴史の息吹を体感できるコースです。

通年利用可能コース コース総距離4.4km 平均歩数6,290歩 平均所要時間1時間20分

コースの詳細情報

JR柳本駅 ウォーキングコースの出発地点です。天理市トレイルセンターまでの区間情報 2.0km 約37分 およそ2,860歩 駅前から東へ直進し、柳本小学校の角を右折し、国道169号を越えて崇神天皇陵沿いを進みます。1.天理市トレイルセンター 庭園では「ふしぎな石」や「水琴窟」の体験もできます。長岳寺までの区間情報 0.3km 約5分 およそ430歩 長岳寺を目指し、さらに東へ向かいます。2.長岳寺 天長元年(824)弘法大師創建のままと伝えられる、日本最古の美しい鐘楼門が迎えてくれます。柿本人麻呂万葉歌碑までの区間情報 0.7km 約13分 およそ1,000歩 来た道を戻り、少し西へ下る。小さな橋をわたって北へ向かいます。3.柿本人麻呂万葉歌碑 歌碑周辺には、中山大塚古墳や大和稚宮神社もあります。黒塚古墳・黒塚古墳展示館までの区間情報 1.1km 約20分 およそ1570歩 中山町公民館の前を通り、国道169号へ出ます。国道を渡り長岳寺五智堂をめざして西へ進みます。五智堂を過ぎたら左折。4.黒塚古墳・黒塚古墳展示館 古墳は柳本公園の一角にあり、周辺は池に囲まれています。JR柳本駅までの区間情報 0.3km 約5分およそ 430歩 柳本駅をめざして西へ進みます。JR柳本駅 お疲れ様でした。ウォーキングコースの到着地点です。

天理市トレイルセンター(てんりしとれいるせんたー)

1.天理市トレイルセンターの写真山の辺の道(天理~桜井)の中ほどにある無料休憩・学習施設。
館内では、市内のハイキングルートの紹介や、鳥や草花の紹介、黒塚古墳の石室模型(1/4縮小)などがあります。
お茶(無料)やシャワー(6分:100円)も利用できます。

長岳寺(ちょうがくじ)

2.長岳寺の写真弘法大師(空海)が開いたという古刹。
春にはつつじやかきつばた、秋には紅葉と「関西花の寺第19番霊場」として、訪れる人々を四季折々の花たちが迎えてくれます。
また、庫裏(重文)では、抹茶やそうめん(有料)がいただけます。

柿本人麻呂万葉歌碑(かきのもとひとまろまんようかひ)

3.柿本人麻呂万葉歌碑の写真万葉集の代表的歌人である柿本人麻呂の歌碑が、天理市には三基あります。
石上神宮の鳥居前の木立のかげと萱生環濠集落の北側。
そしてもう一つは、龍王山を望む山の辺の道沿いに「衾道を 引手の山に 妹を置きて 山路を行けば 生けりともなし」(万葉集巻2-212)と、人麻呂が妻の死にし後に、泣血哀慟して詠んだ歌碑が建っています。

黒塚古墳・黒塚古墳展示館(くろつかこふん・くろつかこふんてんじかん)

4.黒塚古墳・黒塚古墳展示館の写真黒塚古墳(全長130m)は、4世紀初頭に作られた前方後円墳。
1998(平成10年)には、卑弥呼の鏡ともいわれる三角縁神獣鏡33面が埋葬当時のまま出土しました。
また、隣接する黒塚古墳展示館(無料)内には、竪穴式石室が原寸大で復元されており、鏡や鉄製品のレプリカなどが展示されています。

コースまでの交通アクセス:JR柳本駅より徒歩(長岳時に駐車場有)

コースのお問合せ先:天理市観光課 TEL:0743-63-1001

PDFファイルのダウンロード

天理市 卑弥呼の里 探訪コース(一部修正あり)(PDF:358KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。