ここから本文です。

更新日:2011年12月21日

天川村 みたらい渓谷遊歩道

ダイナミックで変化に富んだ渓谷美を堪能していただきます。
急な上りやつり橋があったりしますが、階段や手すり、案内板などが整備されています。

通年利用可能コース(ただし、冬季の積雪時は通行困難) コース総距離7.4km 平均歩数10,600歩 平均所要時間2時間15分

コースの詳細情報

天川村総合案内所 ウォーキングコースの出発地点です。 みたらい遊歩道(入口)までの区間情報 1.2km 約20分 およそ1,720歩 天川川合の交差点を右に行き、左側のつり橋を渡り川沿いの車道を進みます。 1.みたらい遊歩道(入口) 弁天渕橋のたもとに遊歩道の入口があります。現在、通行止のため対岸の国道を利用します。 みたらい渓谷までの区間情報 1.6km 約25分 およそ2,290歩 国道の途中にあるつり橋から遊歩道へ向かいます。川をさかのぼり遊歩道を進みます。 2.みたらい渓谷 絶景ポイント!川に降りてゆっくりしてもよし。 観音峯登山口バス停までの区間情報 1.8km 約40分 およそ2,580歩 階段をのぼり長いつり橋からは、大きな岩や透き通る川、間近に迫るみたらいの滝を眺めることができ、まさに絶景。 急なのぼりをこえると、光の滝。しばらくすると観音峯登山口で車道に合流します。 3.観音峯登山口バス停 大峯の展望台と呼ばれる、大眺望がひろがる観音峯ハイキングコースへの分岐点です。 洞川温泉センターまでの区間情報 2.8km 約50分 およそ4,000歩 車道をしばらく歩くと右に遊歩道の入口があります。ゆるやかな山林コースをこえると洞川温泉センターへ到着。見どころいっぱいの洞川温泉を堪能したあとは大きなお風呂へ! 洞川温泉センター お疲れさまでした。ウォーキングコースの到着地点です。

みたらい遊歩道(みたらいゆうほどう)

1.みたらい遊歩道の写真天川川合と洞川温泉を2時間で結ぶ渓谷道。
スリル満点のつり橋や雄大な滝、新緑や紅葉など四季折々の渓谷美が堪能できるハイキングコースです。

みたらい渓谷(みたらいけいこく)

2.みたらい渓谷の写真エメラルドグリーンに輝く神秘的な淵。
大小様々な滝と巨岩を縫い、底まで透けて見える清流が流れるみたらい渓谷。
新緑から錦秋、そして山水画の世界と、四季折々の景観は近畿随一の美しさとたたえられています。

観音峯(かんのんみね)

3.観音峯の写真登山口から1時間半で、稲村ヶ岳や八経ヶ岳、弥岳そして遠くは奈良盆地や生駒山まで360度のパノラマが楽しめます。
登山道には、天川と南朝の歴史を記した解説板が設置されています。

洞川温泉センター(どろがわおんせんせんたー)

洞川温泉センターの写真修験道(大峯信仰)の登山基地として栄えた洞川温泉には、たくさんの旅館・土産物店・お食事処が軒をつらね温泉街を形づくっています。
縁側のある街並みは何かなつかしい雰囲気を漂わせています。

コースまでの交通アクセス:電車・バス/近鉄下市口よりバスで、天川川合バス停までは約1時間。 自動車/天川村役場、もしくは洞川温泉センター前に駐車場あり。

コースのお問合せ先:天川村総合案内所 TEL:0747-63-0999

ホームページ:http://www.vill.tenkawa.nara.jp/

PDFファイルのダウンロード

天川村 みたらい渓谷遊歩道(PDF:2,734KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。