ホーム > 奈良養生訓 > 大丈夫?その前ぶれ脳卒中かも!?

奈良養生訓

ここから本文です。

更新日:2011年12月12日

大丈夫?その前ぶれ脳卒中かも!?

脳卒中の前ぶれ

脳卒中って何?

脳内の血液の流れが悪くなり、脳細胞が障害を受けることにより起こる発作をいいます。
脳卒中は、脳血管が破れるタイプと脳血管が詰まるタイプに分けられます。

脳卒中の前ぶれって?

脳卒中は気付かずにかかっていることがあります。次のような前ぶれの症状が現れたら、迷わず、かかりつけ医に相談するか、救急車を呼びましょう。

イラスト:脳卒中の前ぶれの症状

脳卒中予防の10カ条

次の10カ条で思い当るところはないかチェックし、脳卒中の予防に努めましょう。

  1. 手始めに 高血圧から治しましょう
  2. 糖尿病を 放っておいたら 悔い残る
  3. 不整脈 見つかり次第 すぐ受診
  4. 予防には たばこを止める 意思を持て
  5. アルコール 控えめは薬 過ぎれば毒
  6. 高すぎる コレステロールも 見逃すな
  7. お食事の 塩分・脂肪 控えめに
  8. 体力に 合った運動 続けよう
  9. 万病の 引き金になる 太りすぎ
  10. 脳卒中 起きたらすぐに 病院に

出典:日本脳卒中協会

その他にも・・

  • 人の言うことが一時的に理解できない
  • ものが二重に見える
  • 片目が見えない、視界の半分が見えない
  • 食べ物が一時的に飲み込めない
  • 吐き気

一言アドバイス

萩原ヨシ子さん

脳卒中予防に携わっておられる竹村恵史(けいじ)さん(広陵町開業医)にお話を伺いました。

脳卒中の原因である、高血圧・高脂血症・糖尿病の始まりのころは、自覚症状がなく気付きにくいため、日ごろの生活習慣がこれでいいのか見直すことが大切です。そのためには、年に1回は健診を受け、自分の健康状態を把握し、その結果を家族にも知らせましょう。また、子どもの頃から運動習慣を身につけ、食事は楽しくゆっくりかんで食べることで、脳卒中の原因である生活習慣病を防ぐことができます。脳卒中は発病すると再発することもあるので、治療後も生活習慣には気を付けてください。

<2011年県民だより1月号掲載>

お問い合わせ

健康推進課

住所:〒630-8501 奈良市登大路町30番地

電話番号:0742-27-8662 ファックス番号:0742-22-5510