ホーム > 奈良養生訓 > 命を守る第一歩!「特定健診」

奈良養生訓

ここから本文です。

更新日:2011年12月12日

命を守る第一歩!「特定健診」

特定健診とは?

40歳以上の人を対象とする、メタボリックシンドローム※1に着目した健診です。
生活習慣病※2の予備群を早期に発見し、重症化(脳卒中や心臓病など)を防ぐためのものです。

※1内臓脂肪型肥満に加えて、高血圧・高血糖・脂質異常のうち、2つ以上にあてはまる状態。
※2日々の食べすぎ、飲みすぎ、運動不足、喫煙など毎日のよくない生活習慣が原因でおこる病気。

特定健診でわかること

特定健診でわかること

特定健診でわかること

一言アドバイス

西尾功先生

市町村国保の立場から井上淑子(よしこ)さん(御所市保険課保健師)にお話を伺いました。

健診の結果、メタボ予備軍および該当者は、特定保健指導対象者となり、保健師等から生活改善に向けた支援を受けることができます。御所市では、特定保健指導利用者の4~5割の方が、体重の5%の内臓脂肪を減らすことに成功、健診結果データの改善につながっています。特定健診は、生活習慣病予防につながる良い検査内容となっていますので、年に1回は受診してください。また、国民栄養調査で奈良県は、野菜摂取が全国ワースト4位、動物性脂肪摂取率が全国1位です。このことから、1.野菜をたくさん食べる2.動物性脂肪の摂りすぎに注意することが大切です。

テーマ「特定健診について」

1月号で募集した川柳の中から優秀作品を紹介します。

  • 「健診が 健康維持の 羅針盤」
    豊田博充さん(生駒市)
  • 「前年の 数値と比べ 笑みこぼれ」
    船津信行さん(奈良市)

<2011年県民だより3月号掲載>

お問い合わせ

健康推進課

住所:〒630-8501 奈良市登大路町30番地

電話番号:0742-27-8662 ファックス番号:0742-22-5510