ホーム > 奈良養生訓 > サイクリングで健康づくりをはじめてみませんか

奈良養生訓

ここから本文です。

更新日:2011年12月13日

サイクリングで健康づくりをはじめてみませんか

サイクリングは、ジョギングやウオーキングなどと同様に、有酸素運動の代表的なものです。サイクリングを続けると体脂肪の減少や持久力の強化が認められています。県の取り組みやサイクリングの効用をご紹介します。

ならクルで健康づくり!!

総延長約600km、31ルートの奈良の新たなサイクリングルート「奈良まほろばサイク∞リング」(愛称:ならクル)で健康づくりをしませんか?
県では平成22年12月に「奈良県自転車利用促進計画」を策定。自転車の利用促進による観光振興、県民の健康増進や環境にやさしいまちづくり等の実現に向けた取り組みを進めています。

ならクル(外部サイトへリンク)奈良県自転車利用合同案内サイト

ならクルで健康づくり!!

サイクリングはここがすごい!

  1. 簡単にできる
  2. 体への負担が少ない
    地面に着地した際、ジョギングでは体重の3倍、ウオーキングでは1.2倍の衝撃が足首や膝にかかります
  3. 自分のペースで楽しめる
  4. 気持ち良く続けられる
  5. 消費カロリーが多い
  6. 全身の筋肉が鍛えられる

ならクルで健康づくり!!

ならクルで健康づくり!!

自転車安全利五則

  1. 自転車は、車道が原則、歩道は例外
  2. 車道は左側を通行
  3. 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
  4. 安全ルールを守る
    飲酒運転・二人乗り・並進の禁止
    夜間はライトを点灯
    交差点での信号遵守と一時停止・安全確認
  5. 子どもはヘルメットを着用

一言アドバイス

ならクルで健康づくり!!

東京サンエス株式会社west代表、ツアーオブジャパン奈良事務局長で、NPO法人さんが俥座(くるまざ)理事の上司辰治(かみつかさたつじ)さんにお話をお伺いしました。

自転車は「自分を取り戻せる道具」といえますね。自分の体のみが動力源となる自転車のテンポは、人間の心と体を前向きにします。
これからサイクリングを始めようという方は、専門店などで、使用目的にあった自転車を自分に合うよう調整してもらってください。両足の先が地面につくくらいにして、ペダルは踏まずに「まわす」気持ちで、リラックスして乗りましょう。安全にも気をつけて、快適な自転車散歩を楽しんでください。
平城宮跡から法隆寺までのサイクリングルートなどは初心者にもおすすめです。サイクリングで奈良の魅力を再発見できますよ。

<2011年県民だより9月号掲載>

お問い合わせ

健康推進課

住所:〒630-8501 奈良市登大路町30番地

電話番号:0742-27-8662 ファックス番号:0742-22-5510