ホーム > 奈良養生訓 > 歯と口は健康・元気の源だ

奈良養生訓

ここから本文です。

更新日:2014年6月5日

       

  

平成26年度「歯と口の健康習慣(6月4日~6月10日)」標語      

      6-2

           6-3

 

        6-7             

      糖尿病の人は、そうでない人に比べて歯周病にかかりやすく、また、歯周病になると糖 尿病が悪化する と いう関係が明らかであり、歯周病を予防することは重要です。 
         ○歯間ブラシを使ってみましょう

   ・歯の根の部分は、むし歯や歯周病になりやすいので、歯ブラシだけでなく歯間ブラシを通して清潔にしましょう。  

   ・他に、むし歯予防に効果があるフッ化物配合の歯磨剤(歯みがき粉)の使用もお勧めです。 

 

               6-4

    毎年たくさんの人が誤嚥性肺炎で亡くなっています

   口の動きが悪くなったり、唾液が十分出なくなると誤嚥(ごえん)性肺炎の危険性が増します。 


           ○唾液をよく出すためには    

         ・よく噛んでも唾液が少ないと感じる方は、食前に唾液腺がある頬・顎の下を指で押してマッサージして  みま  しょう。
       ・他に、口を大きく開け閉めしたり、舌を上下左右に動かすこともお勧めです。  

    6-9

   

お問い合わせ

健康推進課

住所:〒630-8501 奈良市登大路町30番地

電話番号:0742-27-8662 ファックス番号:0742-22-5510