ホーム > 奈良養生訓 > 夏場の食中毒に気を付けて!~家庭でできる食中毒予防~

奈良養生訓

ここから本文です。

更新日:2016年6月6日

 

 

 

     夏場の食中毒に気をつけて!       ~ 家庭でできる食中毒予防 ~

          夏場は細菌による食中毒が多く発生します。食中毒予防には、細菌を「つけない(清潔)」「増やさない(迅速・冷却)」「やっつける(加熱)」の3原則が重要です。

     

 (1) お買い物
肉・魚はそれぞれ分けて包む

2806-1

できれば保冷剤(氷)と一緒に 寄り道しないでまっすぐ帰る

2806-9

(2) 家に帰ったら
冷蔵(冷凍)食品はすぐに冷蔵庫(冷凍庫)へ 肉・魚は汁がもれないように袋や容器に入れる
2806-2
冷蔵庫は10℃以下、冷凍庫は-15℃以下に維持

 

 

2806-9

                                 

(3) 下ごしらえ
生肉や魚を切ったまな板や包丁には、洗った後、熱湯をかける 解凍は冷蔵庫や電子レンジで(自然解凍は避ける)
2806-3
肉・魚は生で食べるものから離す 生肉や魚、卵を触ったら手を洗う

                                                                                                     

2806-9

(4) 料理スタート
加熱は十分に(中心部まで火を通す)特に肉の生食・加熱不足は危険!
2806-4
料理を途中でやめる時は、食材を冷蔵庫へ タオルやふきんは清潔なものに交換

                                                                                                          

2806-9

(5) 食事前後も気をつけて
食事の前にも手を洗う 料理を長時間常温で放置しない
2806-5
盛り付けには清潔な器具、食器を使う

                                                                                                       

2806-9

(6) 残ったときは
温め直す時も中心部まで、十分に加熱
2806-6
早く冷えるように小分けする 時間が経ち過ぎたり、怪しいと思ったら、思い切って捨てる

     

  食中毒かなと思ったら、早めに医師の診断を受けましょう  

 

                        県消費・生活安全課 

TEL 0742-27-8681 FAX 0742-22-0300     

    URL www.pref.nara.jp/5030.htm

 
 

 

お問い合わせ

健康推進課

住所:〒630-8501 奈良市登大路町30番地

電話番号:0742-27-8662 ファックス番号:0742-22-5510