ホーム > 奈良養生訓 > 薬と正しいつきあいを~薬について知りましょう~

奈良養生訓

ここから本文です。

更新日:2016年12月7日

 

2812-1

         

2812-2
薬と正しいつきあいを
~薬について知りましょう~
2812-3

        薬は病気やけがを治すのに役立ちますが、正しく使わなければ思わぬ副作用を引き起こすこともあります。
副作用※1のリスクを減らすために、専門家からのアドバイスを受けて正しく使いましょう。

                        ※1:副作用とは・・・薬を飲んだことによって起こる、薬の望ましくない作用のことです。                                        

薬の正しい使い方
薬を飲むタイミングと量を守りましょう
薬の説明書をよく読みましょう
高温多湿な場所や直射日光の当たる場所は避け、子どもの手の届かない場所に保管しましょう
                                       
いつ飲めば良いの?薬を飲むタイミング
食前 食後 就寝前
2812-4 2812-5 2812-6
食事の1時間~30分前。胃の中に食べ物がないとき。 食事の後30分以内。胃の中に食べ物があるとき。 就寝する30分くらい前です。
食間 頓服
2812-7 2812-8
食事と食事の間。食事の約2時間後です。食べながら服用するわけではありません 発作が起きた時や、症状のひどいとき。
                                       
相談できる薬剤師・薬局を持ちましょう
   いつでも相談できる身近な薬局を、あなたのかかりつけ薬局にしましょう。
かかりつけ薬局を持つことで、さまざまな病院でもらった処方箋やOTC医薬品※2を、一括して把握してもらうことができます。

2812-9

                                       
あなたがどのような薬を飲んでいるかがわかるので、同じような薬を複数飲むことや、飲み合わせが悪い薬を飲んでしまうことを防げます。

     ※2:OTC医薬品とは…医師が処方する医薬品ではなく、患者さんが薬剤師などに相談して自分で選んで購入する医薬品のことです

                   

県薬務課 TEL 0742-27-8670 FAX 0742-27-3029

お問い合わせ

健康推進課

住所:〒630-8501 奈良市登大路町30番地

電話番号:0742-27-8662 ファックス番号:0742-22-5510