ホーム > 奈良養生訓 > 感染症から子どもを守ろう!

奈良養生訓

ここから本文です。

更新日:2017年1月11日

     

2901-1

2901-2

 

 冬は空気が乾燥しているためウイルスが飛散しやすく、感染症が流行します。
抵抗力の弱い子どもは大人よりもかかりやすく、重症になることもあります。
適切な予防で感染症から子どもを守りましょう!       

 

      冬の2大感染症はインフルエンザ・感染性胃腸炎(ノロ・ロタウイルス)です

       今シーズン、インフルエンザは例年より早く流行期に入り感染性胃腸炎は11月中旬に10年ぶりの警報発令となるなど、今後もさらに流行が拡大することが予測されます。

 

 

予防はとにかく手洗いです! 2901-6

感染症の多くは手を介して感染すると言われています。

石けんを使って30秒洗うと…手に付着した菌は100分の1に!

                    

     

2901-3

  調理・食事の前、トイレの後、そして外から帰ったらまず手洗い!  
           
感染性胃腸炎の報告者数
2901-4
専門家のアドバイス

 

 ノロウイルスは、感染者の吐物や便に直接触れたり、間接的に触れるなど、手を介して感染します。症状が回復してからも便中へのウイルス排出は続きます。トイレやおむつ交換の後には、必ず石けんで手を洗い、感染予防を心がけましょう。
 インフルエンザも流行しています。マスクの着用や手洗いで感染を予防しましょう。また、感染したら、他人にうつさないためにも咳エチケットを守りましょう。

2901-5
県中和保健所
山田 全啓(やまだまさひろ)所長(医学博士)
     
詳しくはこちら(外部サイトへリンク)

 

県保健予防課 TEL 0742-27-8612

お問い合わせ

健康推進課

住所:〒630-8501 奈良市登大路町30番地

電話番号:0742-27-8662 ファックス番号:0742-22-5510