ホーム > 奈良養生訓 > 冬の感染症対策

奈良養生訓

ここから本文です。

更新日:2017年12月1日

 
 
奈良養生訓
冬の 感染症対策
 冬は空気が乾燥しているためウイルスが飛散しやすく、感染症が流行します。特に子どもや高齢者は重症化する恐れもあります。感染症とその予防方法を知ることで、病気にかからず健康に冬を過ごしましょう。
冬の2大感染症
感染性胃腸炎

症状   嘔吐(おうと)・下痢・発熱など
冬は「ノロウイルス」による感染症が多くなります。
患者の便や吐物から感染することもあります。処理や消毒の詳しい方法は下記HPで。
インフルエンザ

症状   高熱・頭痛・関節痛など
予防接種で肺炎や高熱などの重症化を防ぐことができます。
65歳以上の人は定期接種を受けましょう。
他にもこんな感染症が!

RSウイルス感染症

症状   発熱・せきなど
乳幼児は重症化に注意が必要です。
「ゼイゼイ」「ヒューヒュー」という呼吸になります。

マイコプラズマ肺炎

症状   せき・発熱など
熱が下がっても、せきだけが3~4週間程度続きます。
せきが長引く場合は注意!医療機関を受診しましょう。
予防はとにかく手洗い!
調理・食事の前、トイレの後、外から帰ったらまず手洗い!
専門家のアドバイス
 
県保健研究センター
ウイルス・疫学情報担当
榮井 毅(さかいたけし)統括主任研究員
インフルエンザは、年末年始にかけて一旦、流行が落ち着きますが、学校の始まる1月から再び感染が拡大します。手洗い等の予防を心がけましょう。
また、今どんな感染症が流行しているかを知ることも大切です。保健研究センター内の「感染症情報センター」では、最新の感染症発生状況を公表しています。
http://www.pref.nara.jp/27874.htm
 
県保健予防課
TEL
0742-27-8612
FAX
0742-27-8262
URL
www.pref.nara.jp/4548.htm

お問い合わせ

健康づくり推進課

住所:〒630-8501 奈良市登大路町30番地

電話番号:0742-27-8662 ファックス番号:0742-22-5510